教師と学生

大学の入試の種類|合格率が上がる方法を選ぼう

無理なく偏差値を上げる

勉強

小学生の間から中学受験に臨むことは珍しいことではありません。しかし成功させるためには勉強法を工夫する必要があります。子供の性格や苦手科目に着目して効率的に学力を向上させましょう。

詳細を読む

受験の前に調べよう

女子学生

自分の目標や夢に向かって大学に入学するときは、入試に通る必要があります。現在大学の入試の種類は主に3つあります。1つめが推薦入試です。その中でも最近増えている方法がAO入試です。これは面接と簡易的な学力試験、レポートや小論文などの課題をこなすことで審査されます。AO入試では学力だけにこだわらず様々な実績や経験を考慮しながら優秀な学生を引き入れるので、一般入試よりも利用する学生が多くなっています。しかしその分倍率が高く、合格率することは簡単ではありません。また推薦でも学校推薦は約9割近い合格率があるので、一定の学業成績があるのなら一般で受ける前に申請してみましょう。そして2つめの方法がセンター試験です。同じ問題をほとんどの学生が受ける試験で、全国に受験会場が開設されているので地方の学生でも受けることができます。センター試験は基本的に記述式ではなくマーク式での解答なので得意科目であれば高得点を狙えるでしょう。最後に、3つめの方法が2次試験です。主に大学独自の問題を出題するので、試験日時や科目、問題の量などもそれぞれ異なります。センター試験と違って会場は大学構内なので遠方に住んでいる受験生はそこまで足を運ばなければいけません。しかし受験する学校の傾向を把握してしっかり対策を行なえば有利に受験を進めることができます。大学の受験方法を知っておけば難しい学校でも合格できる確率が大幅に上がるので、進路を決める際に学校や家族と話あって自分にあった受験方法を選びましょう。

文章の書き方

勉学

小論文は大学受験や看護学校受験の際に必須の受験科目です。与えられたテーマに関して自分の意見をわかりやすく論述しなければいけないので、一般教養や読解力をしっかりと身に付けておきましょう。

詳細を読む

卒業までにかかるお金

学生

大学は高校と違って学費がかさみます。入学前の受験料や出願料、入学金に前期分の学費など短期間で多くのお金を支払います。無理なく通い続けるためには奨学金や教育ローンのような制度を有効活用しましょう。

詳細を読む

Copyright© 2016 大学の入試の種類|合格率が上がる方法を選ぼう All Rights Reserved.