勉強道具

大学の入試の種類|合格率が上がる方法を選ぼう

卒業までにかかるお金

学生

高校を卒業して大学に進学する学生が多くなっていますが、高校に比べると必要な学費の総額は高くなるので、家庭にかかる負担は大きくなります。大学入学が決まってから卒業するまでに思ったよりもたくさんの学費がかさみます。まず、入学金と前期分の学費を納入する期間は合格通知が来てから実際に入学するまでの約二週間程です。百万円を超える大きなお金を短期間で支払うことは決して容易では無いので、あらかじめ納入日が来る前に先に支払う金額を把握しておきましょう。また、実は大学に入学する前にもお金がかかります。それが出願料や受験料などです。入学後の学費を意識しすぎて忘れがちですが、受験をするだけでも意外とお金が発生します。その上教科書の購入代金なども後々支払う必要が出てくるので、大学を決める際は四年間にかかる学費をしっかりと見極めて無理なく通うことができるか家族同士で話し合いましょう。しかし基本的に大学の学費を家庭の貯蓄だけで賄うことは難しいものです。そこで活用したい制度が奨学金や銀行などの教育ローンです。進学したい学生向けにお金を貸してくれる支援団体いるので、高校の進学相談などで申し込みをしておきましょう。高校に在籍している間に申し込んでおけば、奨学金にかかる利息がなくなる可能性があります。また、奨学金を申し込むときは学習成績や家庭の収入などいくつか条件をクリアする必要があるので事前に確認しておきましょう。教育ローンを借りる時も、限度額や利息をみて返済計画を立てておくようにします。

Copyright© 2016 大学の入試の種類|合格率が上がる方法を選ぼう All Rights Reserved.