勉強道具

大学の入試の種類|合格率が上がる方法を選ぼう

文章の書き方

勉学

大学や看護学校の受験によく出題される小論文が苦手だという学生がたくさんいます。小論文の試験がなぜ行なわれるのかといえば、その人の読解力や思考力、文を作成する力などをはかるためです。出題されるテーマに沿った考えをまとめながら文章として書き出すためには、表現力や応用力が必要になるので多くの学生が苦手意識を持っているのです。小論文は受験する学校別でテーマや出題形式が変わってきます。医療系の小論文なら先端医療やリハビリテーションについてのテーマが出題されたり、教育関係なら子供の発達や教育の課題などのテーマが与えられます。このような頻出テーマを把握しておくと、考え方や書き方のパターンがよめるようになるので、小論文の対策ができるでしょう。また、テーマを把握した後は小論文の基本となる読解力や文章表現、適切な応答ができる力を養いましょう。小論文は与えられた資料を自分なりに読み解き、著者が言いたいことを客観的に判断する必要があります。そして文章を書く際は、説得力を持たせながら出題されているテーマについての自分の考えを表現します。そのため、テーマに関する具体的な体験や事実関係をしっかりと整理し、読み手にわかりやすく伝わるように論述しましょう。これだけでも小論文を作成する力は上がるはずですが、より具体性をもたせるためには一般教養を身につけると良いです。志望する学校の系統に合わせた基礎知識を固めておけば、どんなテーマが出題されても応用をきかせることができるでしょう。

Copyright© 2016 大学の入試の種類|合格率が上がる方法を選ぼう All Rights Reserved.